イギリスで必ず食べたいサンデーロースト!<在住者・旅行者向け>




イギリス料理といえば、Fish&Chips(フィッシュ&チップス)と思われるでしょうが、実は最近、英国人もヘルシー志向になってきたせいか、以前はどこにでも溢れていたフィッシュアンドチップスのお店が、最近では激減。

フィッシュ&チップスもまあ美味しいですが、筆者が友人が訪英した場合にオススメしたいイギリス料理は、フィッシュ&チップスではなく、ずばり“Sunday Roast(サンデーロースト)”です。その名の通り、パブなどで日曜に提供されるメニューです。(一部、毎日提供している場所もありますが)。

この料理の由来は、「地主が農奴に一週間の働きを労って、毎週日曜日に雄牛のローストを与えたことから始まる」らしいです。(Wikipediaより)お肉は、やはり牛肉が一般的ですが、鶏肉、羊肉などを提供しているお店もあります。付け合せは、基本的にヨークシャー・プディング(イギリスでしか食べられない!でも、好き嫌いがわかれる)、ジャガイモやニンジンなどの野菜に、グレイビーソースがかかっています。ちなみに、グレイビー(gravy)とは肉汁のことで、グレイビーソースは肉汁を使って作ったソース。味については極端に美味しくないというお店はそれほどないにしろ、お店によってこだわり(特徴)があり、個人によっても好みがあると思います。

筆者も、ここのお店がオススメ!というお店をあげるのは、なかなか難しいです。今年、英VOGUEが、ロンドンでのオススメのSunday Roastが頂けるお店を8店厳選して紹介「Eight Sunday Roasts To Try In London」していますので、是非ご参考にされてください。中でも、こちらで紹介されているHarwood Armsは、パブで唯一ミシュラン1つ星を持っているお店。もちろんサンデーローストは人気メニューで、日曜にしか提供されないので、日曜の予約は先1ヶ月は取れないみたいです。また予約の時に、必ずサンデーローストを注文したい旨を伝えること、だそうです。

個人的には、地方で食べた方が美味しいサンデーローストに当たる率が高いような気がします。やはり、長く続くパブの方がこだわりがあるサンデーローストを食べれるかもしれません。

是非、旅行の際に日曜がある場合、Sunday Roastを楽しまれてください!

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*